おすすめの出会い系サイト教えます!

出会い系サイトの需要と今後

出会い系サイトといえば、「さくら」のイメージが強いですよね。出会い系サイトにおける「さくら」とは、真剣に出会いを求めて登録した会員ではなく、彼らはサイトを盛り上げることを目的としています。

 

当然、「さくら」が先陣をきって活動をしていると、登録人数が多く掲示板稼働率も高いということで会員を増やしやすいでしょう。

 

ですが、「さくら」が多いサイトというのは、それだけ真剣に出会いを求めてきた会員さんたちにとっては迷惑になってしまうこともありますよね。出会いを求めている人が「さくら」と延々連絡を取り続けることになるようなこともありえるからです。

 

しかし、真剣に出会いを求めて登録している男女もいるわけです。

 

実際、私の親戚の知り合いが出会い系サイトで知り合って結婚した人がいます。彼らは恥ずかしがって出会いを聞かれるとはぐらかしているそうですが。

 

昨今、独身が増加傾向にあります。男性の年収が下がってきているにも関わらず、女性が男性に求める年収は500万以上と高いため、条件面で折り合わないのでしょう。

 

結婚に結びつく交際相手がいない独身者は20代後半から30代にかけてかなりいるようです。お見合いパーティーなども一つの手かもしれませんが、まずはお互い顔を見せ合わずに話ができる出会い系サイトの需要が高まるのも時間の問題かもしれませんね。

 

あなたも出会い系サイトでは絶対出会えないだろうと諦める前に、登録してみてはいかがでしょうか。はじめは戸惑いもあるかもしれませんが、真剣に出会いを望んでいる人が登録していることも確かです。

出会い系サイトの退会について

出会い系サイトは、生年月日を教える程度で簡単に登録できますが、退会する場合も簡単にできます。

 

退会項目の場所は、出会い系サイトのトップページ、あるいはマイページ欄の下の方に「退会」と、記載されている場合がほとんどです。

 

その「退会」をクリックすると、確認画面が表示され、なぜ退会するのか?と言った感じの質問欄があります。

 

退会理由は、使いづらい・飽きた・出会えない・料金が高い、など一言書き込をしてから、退会する様になっています。
しかし、サイトによっては、退会理由を聞く事もなく、退会ボタンをクリックするだけで退会できるサイトも存在しています。
簡単に退会できる事によって、サイト内で不快な経験をした方や、十分に楽しんだ方でも、すぐに退会できるのが特徴です。

 

また、キャッシュバッカーや業者と呼ばれる方は、他の会員から怪しいと思われたら退会をして、数ヶ月後には再登録し、また活動を行う傾向にあります。 その為、怪しいと思った会員には、メモ機能を活用しておきます。

 

メモ機能は、相手が退会してもサイト側に登録情報は残るので、再登録しても分かる仕組みになっているのです。

 

出会い系サイトを退会しても、3ヶ月以内に再登録した場合は、退会前のニックネームやプロフィールが使われますが、3ヶ月以上経ってからの再登録なら無効になるので、全く新しい会員として利用できます。

 

しかし、この場合は再登録しても、お試しポイントは貰えず、送受信履歴や友達登録した相手などもクリア状態になります。
従って、簡単に退会できる反面、メモ情報以外は消去されるので、十分に検討してから退会する様にしましょう。

更新履歴